top of page
検索

「あらしのよるに」きむらゆういちさん


2022年大晦日、絵本「あらしのよるに」の作者である、きむらゆういちさんにお会いしました。

大晦日のお忙しい中でしたので、じっくりお話しは出来ませんでしたが、「あらしのよるに」が懐かしく、祐天寺駅に程近い王様書房で完全版 あらしのよるに」を購入し、読み返してみることにしました。


オオカミのエサであるヤギのメイと、ヤギが大好物のオオカミのガブの友情物語です。

通常なら決して友情を結ぶことはない2頭。

心の葛藤や仲間たちからの圧力、心無い噂話に翻弄されながらも、2頭は友情を手放さないという選択をします。


たった一人でもいい、心を許せる人がいる、寄り添って励ましてくれる人がいる。

そしてその人は、もしかしたら年齢も性別も育った環境も、全く違う人かもしれない。

けれども、今こそその絆が求められているのだと、改めて感じました。


絵本だからこそ広がるその余白に、想像力を駆り立てられ、主人公たちの心に触れられる気がしました。


「あらしのよるに」。名作です。

子どもはもちろん、大人にも読んでいただきたい1冊です。

閲覧数:53回0件のコメント

コメント


bottom of page